乳酸菌ビフィズス菌サプリメントなび

乳酸菌

腸をはじめ体に良いことで知られている乳酸菌。
ひと言で乳酸菌と言っても、種類があるのはご存知でしょうか?
乳酸菌にも種類があり、その中でも有名なのが「ビフィズス菌」です。
有名なのも当然で、もともと体内にある善玉菌のほとんどがビフィズス菌で構成されています。

 

最近はビフィズス菌を含むヨーグルトや乳酸菌飲料も増えていますが、酸に弱い性質から胃酸に負けて腸に生きたまま届きにくいものもあります。

 

そこでおすすすめしたいのが、サプリメントで乳酸菌を摂取する方法です。
サプリメントで摂ると、効率よくビフィズス菌が腸内に運ばれて、腸内の善玉菌を増やすことができます。

 

ビフィズス菌サプリメントを飲むメリット

ビフィズス菌サプリ 注目のビフィズス菌の効果とは?

ビフィズス菌サプリメントを飲むメリットはたくさんあります。
まず第一に、『腸内の善玉菌ビフィズス菌を増やせること』です。
腸内で善玉菌が増殖すると、悪さをする悪玉菌が減り、腸内環境は良くなります。

善玉菌には余計な毒素や老廃物を体外に排出する働きがあるので、善玉菌が優勢な腸内環境が保たれると健康維持になります。
善玉菌は食生活や生活習慣、加齢によっても減っていってしまうので、補うことが大切です。
ビフィズス菌は胃酸にも強く、サプリメントで摂ることで、なお効率よく補えます。

 

あえてビフィズス菌を補うことには、さまざまな効能があらわれると言います。

  • 便秘解消
  • 下痢の改善
  • コレステロール対策
  • 免疫力アップ
  • 感染症対策
  • 貧血予防
  • アレルギー予防や改善
  • 美肌、美容
  • ダイエットサポート
  • などなど。

ビフィズス菌サプリメントを利用して腸内を整えることは、さまざまな効能を引き出します。

 

薬とは違い、根本的に腸内を改善して便秘を解消するなど、身体にやさしい方法でケアできることもメリットです。
もちろん、サプリメントですから飲み続けることでメリットが発揮されます。
人によっては数日程度で実感することもありますが、最低でも1〜3ヶ月以上は継続してみてください。

 

ビフィズス菌サプリメント 人気ランキング

 

乳酸菌

花菜の選べる乳酸菌の特徴

花菜の選べる乳酸菌は他の一般的な乳酸菌サプリとは異なり、2種類のサプリがセットになったサプリメントです。
複数の乳酸菌変えながら摂ることができるので、腸内環境を維持しやすいサプリメントです。
圧倒的に乳酸菌の量も多く、1日分で5,000億個を手軽に補えます。
ビフィズス菌以外には、植物性ナノ型乳酸菌や植物性ラブレ菌、有胞子乳酸菌、フェカリス菌などが配合されています。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 今なら特別キャンペーン開催中!
 
 

乳酸菌

乳酸菌革命の特徴

乳酸菌革命は、厳選された9種類の乳酸菌を配合したサプリメントです。もちろん、ビフィズス菌も入っています。
他には、ラブレ菌やガセリ菌、ラクトバチルスアシドフィルス、ラクトバチルスブルガリスクなどなど。
有胞子性乳酸菌を含み、耐酸性カプセルによって、生きたままの乳酸菌を腸に届けることができます。
余計な添加物も使っていなく、安心の国産サプリ!

価格 2,730円
評価 評価4.5
備考 お得なセット販売実施中!
 
 

乳酸菌

カルグルトの特徴

カルグルとは、ビフィズス菌をはじめ、ラブレ菌やガセリ菌、ラクリス、乳酸菌抽出物LFKなどを配合した乳酸菌サプリメントです。
1日1包で5種類もの乳酸菌を摂ることができます。
しっかりと小腸や大腸で働き、腸内はスッキリに♪
顆粒タイプなので、飲み物に混ぜて飲んだり、自由に活用できます。

価格 1,980円
評価 評価4
備考 お試し価格:980円
 

乳酸菌の種類とビフィズス菌の特徴

ビフィズス菌サプリ 注目のビフィズス菌の効果とは?

乳酸菌には種類があり、その中でも有名なのが、ビフィズス菌です。
では、ビフィズス菌は他の乳酸菌とどこが違うのでしょうか?

 

ビフィズス菌の特徴は、腸内に留まることができることです。

 

一般的な乳酸菌は酸の力に弱いため、摂取しても胃酸に負けて腸に届いても腸内環境を効率よく整えることが難しいとされています。
一方でビフィズス菌は、力強く、腸までしっかり届いて悪玉菌を排出させます。
着実に腸内環境を整えていきたい方には、乳酸菌の中でもビフィズス菌がおすすめです。

 

そもそも、ビフィズス菌は大腸に存在する乳酸菌です。
腸内にある善玉菌の中でもほとんどがビフィズス菌で占められています。
常在しているものだからこそ、腸内に維持されやすいのです。
外側から摂取するにしてもビフィズス菌は生きたまま腸に届くこともポイントですが、乳酸や酢酸が生成させることができます。
酢酸には殺菌作用が優れていて、大腸ガン対策にもなるなど、ビフィズス菌は間接的にも健康サポートになります。

ビフィズス菌を効率よく摂る方法

ビフィズス菌サプリ 注目のビフィズス菌の効果とは?

もともと腸内にビフィズス菌がありますが、善玉菌は加齢とともに減ります。
また、食生活の乱れやストレスなどの生活習慣の影響によっても善玉菌が減ってしまいます。
なので、ビフィズス菌を摂りいれたり、ビフィズス菌を増やす工夫をすることが大切です。

 

まず、食生活では乳酸菌を含む食べ物も効果的ですが、食物繊維を豊富に摂ることもポイントになります。
食物繊維は食事でも先に食べておくと、血糖値の上昇も抑制され、さらに満腹中枢も刺激されるなど、生活習慣病対策やダイエットにも良いと言われています。

 

そして、ビフィズス菌を効率よく摂る方法にサプリメントがあります。
ビフィズス菌配合のサプリメントを毎日の習慣にすることで、腸内で確実に善玉菌が増えていきます。
これを続けることで、整った腸内環境も維持されます。
ヨーグルトや乳酸菌飲料を食生活に取り入れることもポイントですが、サプリメントは効率的です。
とくに、空腹時に摂取すると有効成分が体内に吸収されやすいと言います。
一般的に乳酸菌は酸に弱いので食後がベストですが、ビフィズス菌なら酸に強いので空腹時でも摂れます。
もちろん、食後に摂っても効果的で、ピロリ菌排除などに有効です。

ビフィズス菌の特徴

ビフィズス菌サプリ 注目のビフィズス菌の効果とは?

乳酸菌にはたくさんの種類がありますが、乳酸菌の補給を意識していている方には、「ビフィズス菌」が一押しです。

 

それぞれ乳酸菌は異なる働きが特徴を持っていますが、ここではビフィズス菌の特徴をご紹介します。

 

酢酸を生成させる
一般的な乳酸菌にはない特徴として、ビフィズス菌は唯一、酢酸を生成させる働きがあります。

ビフィズス菌が腸内に入ったときに酢酸が生まれます。
酢酸には、優れた殺菌作用があります。
そのため、腸内の悪玉菌をきれいに排除し、大腸ガン対策にも良いと言われています。

空気が苦手
ビフィズス菌は乳児の便から発見されたのですが、嫌気性と言って空気が苦手な特徴があります。

通常の乳酸菌は酸素のある環境でも育ちますがビフィズス菌は反対に空気のあるところでは育ちにくいのですが、裏を返すと酸素が無い環境でも力強く生き抜くことができる生命力のある乳酸菌です。

酸に強い
よくある乳酸菌は口から摂りいれても胃を通過する際に、胃酸の影響で負けてしまいます。

一方のビフィズス菌は、酸に強く、胃酸に負けずに腸まで届く力があります。
弱い乳酸菌ではサプリメントでも、酸によって死滅した状態で腸に運ばれてしまいます。
ビフィズス菌は強い乳酸菌なので、しっかりと腸に運ばれて腸内環境を整えていくことができます。

 

このように、他の乳酸菌とは違う特徴があることから、ビフィズス菌は中でも優秀として知られています。

サプリメントで乳酸菌を摂るならビフィズス菌

ビフィズス菌サプリ 注目のビフィズス菌の効果とは?

健康や美容に良いとして乳酸菌が注目される昨今、サプリメントの種類も増えています。
数多ある乳酸菌サプリメントから、どれを良いのか選ぶのは至難の業…。
どのような乳酸菌にも体に良い働きがあるのですが、迷ったら「ビフィズス菌」がおすすめです。と言いますか、ビフィズス菌が基本の乳酸菌です。

 

もともと腸内の善玉菌のうち約99%がビフィズス菌とされています。
そのため、ビフィズス菌を補うことが、一番、整腸に効果的と言われています。
ビフィズス菌は酸にも強いので生きたまま腸に届きやすいこともポイントですが、死滅したとしてもビフィズス菌は腸内で善玉菌を増やす作用があることが判明しています。
ですから、乳酸菌で迷ったらビフィズス菌をメインに選んでみましょう。

 

他の乳酸菌にも腸内にとって有効な働きがありますが、やはり圧倒的にビフィズス菌の方が多いため、ビフィズス菌を補給することは正常な腸内を保つことになります。

 

ちなみにビフィズス菌の腸内含有率については、母乳を飲んでいる生後1週間の赤ちゃんはほぼ100%となっていて、そこから離乳食に変わるなどして減っていき、成人になると一気に菌は減ります。

 

割合が変化し、善玉菌は20%程度にまでなってしまうのですが、それだけでも生き抜くことができます。ところが、現在の一般的な生活習慣はその20%さえ守れなくなってしまうので、積極的にビフィズス菌を摂ることが推奨されます。