ヨーグルトvsビフィズス菌サプリメント どちらが良い!?

ヨーグルトvsビフィズス菌サプリメント どちらが良い!?

腸内のビフィズス菌など善玉菌を増やそうと考えたとき、一番に「ヨーグルトを食べようかな」と考えませんか。
ヨーグルトは乳酸菌を含む食べ物の王道ですし、手ごろ価格で身近な食品ですよね。

 

毎日ヨーグルトを食べる習慣をつけることで腸内も整っていき、良い変化があらわれます。
しかしながら、ヨーグルトにはデメリットがあります。
まず一つは、賞味期限が短いことです。節約のために大きいパックで買うと賞味期限をすぐ迎えてしまいますし、家族で食べる分には問題ありませんが、そうなると消費量も増えます。
そうなると、コストの問題が出ます。1個当たりの価格が安いと言っても、食べる量が多ければ、コストも高くなります。

 

しかも、ヨーグルトを食べて効果を得るためには、たぶん皆さんが思っている以上に食べないとなりません。
第一人者による見解では、1日400ml〜500mlは食べた方が良いということです。
市販のヨーグルトで言うと、少し大きめのパック1個分相当です。

 

この量を毎日食べることはできるでしょうか…?
また、ヨーグルトは必ず乳酸菌は含まれていますが、ビフィズス菌を含んでいるとは限りません。そのため、ビフィズス菌を摂ることで考えると、ヨーグルトにはデメリットが。。
もちろん乳酸菌はビフィズス菌をサポートする力があるので体に良いのですが、毎日たくさん食べるとなると、脂肪や糖質、カロリーなどの問題も浮上します。

 

一方のビフィズス菌サプリメントは、毎日大量に飲まなくても、1日1粒から数粒で乳酸菌を補うことができます。
酸にも負けずに腸に届きやすいですし、低カロリーという面もメリットではないでしょうか。
コストパフォーマンス的に見てもサプリメントの方が節約になることもあります。
賞味期限も長いなど、多角的に比較してみるとサプリメントに軍配があがります。

ビフィズス菌サプリメント 人気ランキング

 

ビフィズス菌

花菜の選べる乳酸菌の特徴

花菜の選べる乳酸菌は他の一般的な乳酸菌サプリとは異なり、2種類のサプリがセットになったサプリメントです。
複数の乳酸菌変えながら摂ることができるので、腸内環境を維持しやすいサプリメントです。
圧倒的に乳酸菌の量も多く、1日分で5,000億個を手軽に補えます。
ビフィズス菌以外には、植物性ナノ型乳酸菌や植物性ラブレ菌、有胞子乳酸菌、フェカリス菌などが配合されています。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 今なら特別キャンペーン開催中!
 
 

ビフィズス菌

乳酸菌革命の特徴

乳酸菌革命は、厳選された9種類の乳酸菌を配合したサプリメントです。もちろん、ビフィズス菌も入っています。
他には、ラブレ菌やガセリ菌、ラクトバチルスアシドフィルス、ラクトバチルスブルガリスクなどなど。
有胞子性乳酸菌を含み、耐酸性カプセルによって、生きたままの乳酸菌を腸に届けることができます。
余計な添加物も使っていなく、安心の国産サプリ!

価格 2,730円
評価 評価4.5
備考 お得なセット販売実施中!
 
 

ビフィズス菌

カルグルトの特徴

カルグルとは、ビフィズス菌をはじめ、ラブレ菌やガセリ菌、ラクリス、乳酸菌抽出物LFKなどを配合した乳酸菌サプリメントです。
1日1包で5種類もの乳酸菌を摂ることができます。
しっかりと小腸や大腸で働き、腸内はスッキリに♪
顆粒タイプなので、飲み物に混ぜて飲んだり、自由に活用できます。

価格 1,980円
評価 評価4
備考 お試し価格:980円